C++0xの機能(インスタンス化されていないクラスメンバへのsizeof)

少しずつでもC++0xについて書きすすめておくために、ゼミの予習で時間がないものの、この辺なら書けるかなということで、"Allow sizeof to work on members of classes without an explicit object"(インスタンス化されていないクラスメンバへのsizeof)。

いつものように読んで字のごとくです。
C++0x以前では型とオブジェクトにしかsizeof演算子は適用できないので、次のようなコードはコンパイルエラーとなります。

class Sample { public: TypeA member; };

/* コンパイルエラー */
sizeof(Sample::member); 



しかし、C++0xではこのような場合でも動くようになります。


最近、ブログの内容薄いなぁ・・・。ゼミのせいとは言っているものの、自らの生活態度的なものも影響しているのでもうそろそろ気合い入れ直したいと思います。

広告を非表示にする