Haxeでusing Lambda !

mixin

Haxeにはmixinという機能があります。

mixinは例えば次のようなクラス

class Foo {
  public static function foo<T> (list : List<T>) : Void {
    for (x in list) {
      trace (x);
    }
  }
}

があった場合に通常の呼び出しとしては

var list = new List<Int> ();
list.push (0); list.push (1);

Foo.foo (list);

のようになりますが、mixinを使うと

using Foo;

var list = new List<Int> ();
list.push (0); list.push (1);

list.foo ();

のようにかけます。

using Lambda !

ここでLambdaクラスを用いるとArrayやListの処理がちょっと楽になる部分があります。
例えば、Arrayに0が含まれているかは次のようにかけます。

using Lambda;

class Bar {
  public static main () {
    var array = [1, 2, 3, 4, 5, 0];

    trace (array.exists (function (i : Int) { return i == 0; }));
  }
}

他にもArrayやListを扱うのに便利なメソッドがLambdaにはあるので、Haxeを使う際にはぜひ活用しましょう!

LambdaクラスのAPI ref : http://haxe.org/api/lambda

広告を非表示にする