JSONファイルを処理するコードをClojureで書いてみよう

タイトルで「JSONファイルを処理するコードをClojureで書いてみよう」などと言っていますが、ほとんどすることはありません。

基本的にはclojure.contrib.jsonを使って、JSON形式の文字列(およびJSONファイル)とClojureのマップの相互変換してもらえばいいだけです。

今回はreplで動かしてみます。

user=>(use 'cojure.contrib.json)
nil

user=>(println (json-str {:name "naokirin" :country "japan"}))
{"name":"naokirin" "country":"japan"}
nil

user=>(read-json "{\"name\":\"naokirin\" \"country\":\"japan\"}")
{:name "naokirin" :country "japan"}


他にもclojure.contrib.jsonにはJSONを扱うための関数が用意されていますが、この2つの関数だけでもJSONを扱いやすくなると思います。

広告を非表示にする