行動経済学

「ダニエル・カーネマン 心理と経済を語る」の感想(2)

前回の続き。今回は第一章を読んでみたまとめと感想を書きます。 第一章 ノーベル賞記念講演 限定合理性の地図 知覚表象 感覚表象とも。人間が感じる様々な感覚が脳の連合野で分析的に統合されたのもの。 例えば、「重い」という感覚は、皮膚への強い圧力と…

「ダニエル・カーネマン 心理と経済を語る」の感想(1)

今「ダニエル・カーネマン 心理と経済を語る」という本を読んでいるので、感想を書きつつ読んだところで気になったことを軽くまとめておこうと思います。今回は監訳者解説で気になった用語や事柄をまとめておきます。 監訳者解説 カーネマンの行動経済学での…